腸内環境が悪いと、肌が荒れてしまい肌にツヤやハリがなくなってしまいます。肌は腸を移す鏡なのです。では、腸内環境を整えるためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

肌に良い影響を与える人気のデーツ

現在肌に良いとしてデーツが人気です。デーツとは古代メソポタミア地方で親しまれていた果物でナツメヤシを指しています。日本では馴染みがありませんが、中近東ではねっとりとした甘味が人気の果物で、ミラクルフルーツと呼ばれています。これらの国では柔らかくしたり、干したりして食べます。ジャムやゼリーにしてお菓子として食べることができます。産地と種類によってその栄養分が異なるので、ランクが異なります。デーツには様々な効能があるので、人気が高いです。まず整腸作用です。マグネシウムが豊富で体内の水分を腸に集めます。食物繊維も影響して便秘を解消して宿便まで排出します。腸内環境は肌と密接に関係しているので、腸がすっきりしていると。肌荒れも改善されます。さらにマグネシウムはハッピーホルモンと言われるセロトニンを生成するのに使われます。セロトニンには不安を和らげて快眠を促す効果があるので、肌に良い影響を与えます。次に貧血を治します。鉄分が豊富で、ヘモグロビンを増加させるので顔色が良くなります。亜鉛も多いことから、免疫機能もアップします。アレルギーも免疫が正常に機能していないことが原因なので、デーツを食べるとアトピーの症状を緩和させます。血液の循環を改善するビタミンPも多いので、冷えを改善してむくみのないスッキリとした体型になります。一般的に乾燥したデーツの方が栄養価が高く、手軽に摂取することができます。アンチエイジングのためには、デーツと赤ワインや人参、ユリ根を一緒に食べると良いです。栄養バランスが良いので、朝食として食べる人もいます。ただし果糖とブドウ糖が多く含まれており、糖質は肌に悪いので食べ過ぎに注意します。