肌を変えたいなら、腸内環境の改善を

腸内環境が悪いと、肌が荒れてしまい肌にツヤやハリがなくなってしまいます。肌は腸を移す鏡なのです。では、腸内環境を整えるためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

肌と腸の関係

腸は体が不要とする物を排泄して、栄養素を得る役割を持つ臓器です。人は食べ物から肌に良い栄養分も体内に吸収して、反対に要らない物は腸に排出してもらうことで、バランスを保っています。腸内環境が整っていると、善玉菌と悪玉菌の比率が正しいので代謝や免疫力の向上につながります。しかし不規則な生活やストレスなどで悪玉菌が増えてしまうと、腸の蠕動運動が弱くなって便秘になります。便秘は腸の機能を妨害するため、肌が必要とするビタミンやミネラルが吸収されにくくなります。また便の排出が滞ると血行も悪くなるので、新陳代謝が低下します。肌のターンオーバーに新陳代謝は欠かせません。さらに排出されない毒素は、血液に溶け込んで全身をめぐります。その際皮膚に大きなダメージを与えます。よって腸内環境が悪化するとニキビや肌荒れを起こしやすくなります。肌を美しくするためには、化粧水といった外側からのスキンケアだけでなく、腸内環境を整えるという内側からのケアも大切です。腸には善玉菌と悪玉菌の他に、日和見菌が存在します。日和見菌は善玉菌が多いと善玉菌に、悪玉菌が多いと悪玉菌として働くので、日頃から善玉菌を増やす必要があります。まず1日水を1~2リットル飲みます。人間の65%は水分でできており、毒素を排出するために水は欠かせません。むくむ人は水分不足で水を溜め込みやすくなっています。一度に大量に飲んでも吸収されにくいので、こまめに飲むのが良いです。次に食べ物では善玉菌のエサであるオリゴ糖と水溶性食物繊維が多く含まれるバナナを食べます。美肌をサポートするビタミンも豊富です。またヨーグルトには善玉菌である乳酸菌が含まれています。

■肌をキレイにした後は脱毛をする
レーザー脱毛の詳細な情報はこちら